転職する度に給与も待遇も悪くなる?そんな悪循環を断ち切るためには

給与や待遇の悪さに転職を考える人は多いものです。多くの人が給与のアップや待遇の改善を願って転職をするはずですね。でも、なんとそんな希望とは裏腹に中途で採用される度にどんどん給与が下がり、待遇や環境も悪くなっていくという事例があとをたちません。どうやら転職することによって給与や待遇が良くなる人よりも、残念ながら転職したことで全てのポイントにおいて前職よりも悪化するという結果になる人の方が多いようです。

そのためそういった転職で失敗をしたは、また新しく転職先を探すわけですが、転職する度にどんどん状況が右肩下がりに悪くなってしまうというのです。これは中途採用の企業の探し方や求人が悪いのでしょうか?いいえ、こうして転職する度にどんどん状況が悪くなっていく様なケースでは転職先の探し方に問題がある訳ではありません。はっきりと言ってしまうと、本人自体に問題があるんですね。スキルアップやたいした経験もないままに転職活動を行っても、前職よりも良い職場に就職する事なんて殆ど不可能です。

中途採用の求人探しに時間を割くよりも、まず始めに自分のスキルや経験を高める為に時間を使いましょう。年齢など早く転職をしなければ不利になると思い、焦って転職活動をする人がいます。しかし、焦って何度も転職をして失敗を重ねるよりもある程度時間をかけて自分を高めてから転職をした方が、失敗もありません。自分が採用側になった時に、28歳で能力のない人間と33歳で能力のある人ならどちらを採用したいでしょうか。例え、転職までに5年時間が掛かったとしてもその時間は無駄にはなりません。転職をする度に給与も待遇も悪くなる、そんな事態を避けるためにはしっかりと腰を据えて転職の為のスキルを高める方がベストなのです。